理工学(物理・化学)
軌道上実験概論
―宇宙・流れ・生命―

小田原修 監修/日本マイクログラビティ応用学会 編
B5・296頁・定価(本体3,800円+税)
ISBN4-303-73410-1

宇宙ステーション時代の微小重力実験について、各分野の第一線の科学者が、理系の学生や若手研究者を対象に解説。人類の宇宙展開/真空と宇宙/微小重力環境/軌道上研究所/流体力学と熱・物質移動の基礎方程式/自然対流/気泡と液滴の運動/結晶成長/デンドライト成長とシミュレーション/熱物性測定/宇宙生物学/植物の宇宙実験/宇宙環境と人間、の各章からなる。

amazonの紹介ページへ セブンネットショッピングの紹介ページへ bk1の紹介ページへ

疑似科学はなぜ科学ではないのか
―そのウソを見抜く思考法

C・M・ウィン/A・W・ウィギンス 著
シドニー・ハリス 画
奈良一彦 訳
四六・224頁・定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-303-73490-9

UFOや幽体離脱、占星術、創造説、超能力などに関する多くの興味深い事例を通じて、科学と疑似科学の違いを知り、疑似科学に騙されないためのポイントを学べる。さらに随所にちりばめられたシドニー・ハリスのウィットに富んだ漫画が楽しい。巻末には疑似科学関連の用語集も。科学の本質がわかりやすく語られている。

amazonの紹介ページへ セブンネットショッピングの紹介ページへ

科学がわかる5つのアイディア

C・M・ウィン/A・W・ウィギンス 著
シドニー・ハリス 画
山崎昶 訳
A5・224頁・定価(本体1,800円+税)
ISBN4-303-73480-2

科学の5つの分野−物理学(原子)・化学(周期律)・天文学(ビッグバン)・地学(プレートテクトニクス)・生物学(進化)におけるそれぞれの基礎となる理論を科学的な方法に基づき、初心者にもわかりやすく解説している。

化学に活かすコンピュータ
―基礎からインターネット、LaTeXまで―

成澤芳男・宮前雄一 著
A5・224頁・定価(本体1,942円+税)
ISBN4-303-71290-6

化学を学び研究する上でのパソコンやワークステーションの活用法を、電子メールやオンラインデータベース検索、LaTeXによる文書作成、プログラミング、化学計算ソフトウェアの利用などを取り上げて、やさしく解説する。

計算材料科学

堂山昌男・山本良一 編
A5・272頁・定価(本体3,500円+税)
ISBN4-303-71041-5

スーパーコンピュータによる材料設計・材料開発のためのシミュレーションおよびエキスパートシステムの実例と、計算物理・計算科学による材料科学の方法を具体的に解説した。

パソコンによる計算物理入門

神藤欣一 著
A5・170頁・定価(本体2,500円+税)
ISBN4-303-71150-0

材料開発に必要な物理と計算技法の基礎を解説。固体のバンド理論や分子動力学法について平易に解説し、パソコンで利用できる基礎的なプログラムとともに原子拡散や結晶成長などの実際の計算機シミュレーションを紹介する。

amazonの紹介ページへ セブンネットショッピングの紹介ページへ bk1の紹介ページへ

コンピュータによるシリコンテクノロジーI

山本良一 編
A5・248頁・定価(本体4,078円+税)
ISBN4-303-71380-5

シリコンテクノロジーにおいて計算物理・計算化学がどのように活用されているか、その現状を整理し、具体的に紹介するとともに材料開発におけるCADと将来性を展望する。

コンピュータによるシリコンテクノロジーII

山本良一 編
A5・260頁・定価(本体4,078円+税)
ISBN4-303-71400-3

20のテーマを、2分冊として刊行されたうちの第II巻。Iと同様、シリコンテクノロジーにおける計算物理・計算化学の活用の現状を紹介し、材料開発におけるCADの将来性を展望。

パソコン分子シミュレーション
―分子動力学実験入門―

河村雄行 著
A5・144頁・定価(本体2,000円+税)
ISBN4-303-71620-0

反応設計や分子の構造解析に必要なコンピュータシミュレーションをパソコンで行うための基礎知識と具体的方法を、分子動力学法(MD)を用いた実際の計算システムにより詳しく解説し、巻末には、実例としてのプログラムを収録している。

分子軌道法MOPACガイドブック
(3訂版)

平野恒夫・田辺和俊 編
A5・286頁・定価(本体3,800円+税)
ISBN4-303-71990-0

量子化学の基礎知識と分子軌道法について簡潔に述べるとともに、MOPAC93に新たに加えられた機能を中心として、入力データの作成法と出力結果の見方および主要なキーワードを、実際の利用法を示して解説している。

生命現象の物理
―バイオサイエンスは一つになった―

木原裕 著
A5・160頁・定価(本体2,136円+税)
ISBN4-303-72440-8

生命現象を理解するためには物理的理解なしには理解できない、といわれるほど、かつては生物学の分野であった生命科学への化学、物理学からのアプローチが盛んである。本書は、生命現象を物理的に解明しようとの視点でまとめられた入門書。

amazonの紹介ページへ セブンネットショッピングの紹介ページへ bk1の紹介ページへ

天体位置略算式の解説
―Almanac for Personal Computers―

暦計算研究会 井上圭典・鈴木邦裕 著
B5・200頁・定価(本体3,398円+税)
ISBN4-303-71880-7

天体(太陽・月・惑星・恒星)の位置計算をパソコンを用いて行うための計算式・式の用い方・プログラムを掲載したもので、解説書であると同時に実用性が高く、望遠鏡セッティングの計算にも使用できる天文愛好家必読の天文書。

CUPSシリーズ(DOS/V用ソフト付)

27人の物理学者で構成された国際的グループCUPSによるシリーズ全9巻。添付のDOS/V用ソフトは、物理的システムのモデルに関する複雑な計算結果を視覚的に表示する。ユーザは、システムの各種パラメータを変更できる。
【注】Windows98以降では、多くの場合動作しません。ご注意ください。


[1] 宇宙物理学シミュレーション

A.Danbyほか 著/福江純 監修/山本菊男 訳
B5・224頁・4,200円/ISBN4-303-55600-9

連星、N体運動、銀河力学、星の内部構造・進化・脈動・大気モデルなど

[2] 熱・統計物理学シミュレーション

H.Gouldほか 著/尾中龍猛 訳
B5・176頁・4,600円/ISBN4-303-55620-3

流体の熱力学、各種の熱機関、確率と統計、気体・液体・固体の統計的性質、量子理想気体、イジング・モデルによる相転移、臨界現象など

[3] 固体物理学シミュレーション

I.Johnstonほか 著/尾中龍猛 監修/山崎昶 訳
B5・200頁・4,100円/ISBN4-303-55640-8

フォノンの分散曲線、状態密度、三次元結晶の比熱、有限一次元結晶における波動関数、無限一次元格子におけるエネルギーバンドとバンドギャップおよび固有状態など

[4] 電磁気学シミュレーション

R.Ehrlichほか 著/尾中龍猛 監修/山崎昶 訳
B5・216頁・4,200円/ISBN4-303-55660-2

ベクトル場とスカラー場の解析、ガウスの法則、ポアッソンの方程式、鏡像電荷と多極子拡張、原子分極、誘電性物質、加速度運動する電荷による電磁場、静磁気学など

[5] 古典力学シミュレーション

B.Hawkinsほか 著/福江純 監修/山本菊男 訳
B5・168頁・3,900円/ISBN4-303-55680-7

非調和振動子、中心力による軌道運動、剛体の回転の力学、衝突、1次元および2次元の連成運動など

[6] 近代物理学シミュレーション

D.Brandtほか 著/尾中龍猛 訳
B5・200頁・4,100円/ISBN4-303-55700-5

ラザフォード散乱、電子回折、特殊相対性理論、レーザー空洞と作動機構、原子核の性質と崩壊、量子力学など

[7] 量子力学シミュレーション

J.Hillerほか 著/青山智夫 訳
B5・240頁・4,300円/ISBN4-303-55720-X

1次元/3次元の束縛状態、1次元/3次元の定常散乱状態、量子力学的な時間発展、量子力学の等価粒子、1次元格子中の電子状態など

[8] 波動と光学シミュレーション

C.Wolfgangほか 著/尾中龍猛 訳
B5・288頁・4,600円/ISBN4-303-55740-4

フーリエ解析とフーリエ変換、干渉と回折、幾何光学における光線追跡、1次元振動をする鎖、電磁波など

[9] 原子核・素粒子物理学シミュレーション

R.Bigelowほか 著/山田満・野田二次男 訳
B5・240頁・4,800円/ISBN4-303-55760-9

原子核の性質と崩壊、核モデル、相対論的運動学、放射線の物質中における相互作用、2核子問題、粒子検出器のシミュレーション、原子核の殻モデルなど

化学センサシステムとソフトコンピューティング 情報(AI・ニューロ・ファジィ)のページをご覧ください
トップページ