理工学(材料)
ニューガラスの作製技術

寺井良平・若林肇・山中裕 著
A5・144頁・定価(本体1,942円+税)
ISBN4-303-71480-1

新素材として注目を浴びるニューガラスについては、機能面を中心とした解説書が多く発行されているが本書では、ニューガラスの各種作製法とその技術によって生み出されたニューガラスの機能をはじめ、製品や用途を解説している。

amazonの紹介ページへ セブンネットショッピングの紹介ページへ bk1の紹介ページへ

セラミック材料学

佐久間健人 著
A5・248頁・定価(本体3,600円+税)
ISBN4-303-71740-1

セラミックスを材料学の対象のひとつとしてとらえ、金属材料に比べ新しい開発環境にあるセラミックスの科学的特性と基礎知識を、金属の材料学としての蓄積をもとに体系化し、機械・金属・材料系の学生向きに解説した教科書。

amazonの紹介ページへ セブンネットショッピングの紹介ページへ bk1の紹介ページへ

アルキレンオキシド重合体
―製造方法・特性および用途―

柴田満太・斉藤政博・秋本新一 編
A5・192頁・定価(本体2,718円+税)
ISBN4-303-71800-9

アルキレンオキシドの製造方法、重合性、生成物の物性、分析法から末端用途に至るまで網羅。アルキレンオキシド重合体の新しい用途開発を目指す研究者、あるいは需要家の参考書・入門書。

amazonの紹介ページへ セブンネットショッピングの紹介ページへ bk1の紹介ページへ

デバイス材料工学

北田正弘・後藤和弘 編著
A5・260頁・定価(本体3,301円+税)
ISBN4-303-71081-4

デバイスの技術的特徴、プロセス技術、評価技術および代表的デバイスや最新のデバイスの概要とデバイス材料の物理・化学的基礎について、大学・高専ならびに材料開発にたずさわる方々を対象に、基礎的な事柄をやさしく解説した。

超電導材料工学

北田正弘 編著
A5・240頁・定価(本体3,500円+税)
ISBN4-303-71120-9

超電導現象をやさしく解説し、実際に使われている材料としての超電導物質、新材料となりうる物質の特性を、実用化の面から、具体的かつ平易に解説している。

表面と薄膜分析技術の基礎

L.Cフェルドマン・J.W.メイヤー 著
栗山一男・山本康博 訳
A5・368頁・定価(本体4,951円+税)
ISBN4-303-71200-0

電子材料などでは固体表面や表面近傍領域の重要性が求められるが、本書は電子分光法やイオンビーム分析など薄膜および表面近傍の分析に必要とされる多くの技術を総合的に基本原理に焦点を置いて解説している。

amazonの紹介ページへ bk1の紹介ページへ

トップページ