湖沼・河川・排水路の水質浄化
―千葉県の実施事例―

本橋敬之助(千葉県水質保全研究所)・立本英機(千葉大学助教授)著
A5・140頁・定価(本体2,000円+税)
ISBN4-303-01009-X
初版1997年6月/オンデマンド版2004年3月10日発行


bk1の紹介ページへ セブンネットショッピングの紹介ページへ

 概 要
現在、全国各地の汚濁化した湖沼、河川および排水路等の水域では、そこでの汚濁や背後地域の諸特性を踏まえながら、実に種々さまざまな浄化方法が取り入れられ水質浄化が図られている。そして一方では、これらの方法が水質浄化の最有力な手段であるかのようにマスメデアをとおし広く報道されることが多々ある。しかし、その実施にともなう水質浄化の効果および改善については、まったく「なしの礫」である。

勢い、現地に出向き、その浄化施設の視察、聞き取り調査を行ってみると、報道されているほどではなく、むしろ厄介物扱いされている場合が多い。要するに浄化施設の維持管理が大変であり、施設管理者の片手間仕事では、とても手に負えないのである。このような状況は、言い換えれば今日の水質浄化対策における現実の姿であるといえる。

とは言うものの、一方では汚濁化した水域の浄化のため、いま考えられる実施可能な対症療法、または予防策などを適宜組み合わせ、試行錯誤にしろ積極的に挑んでいかなければならないことも確かである。そしてこのことによって浄化効果が幾分ともみられれば、まずは良しとして評価せざるを得ないのも現状である。

幸か不幸か、千葉県は全国一に有機汚濁が進んだ湖沼として手賀沼、そして4、5年前まで湖沼水質ワースト5の中の常連であった印旛沼を指定湖沼として抱えていることもあって、水質浄化対策については全国でも屈指の先進県であるといえ、その水質浄化施設の数と種類にいたっては、さながら百貨店のようである。

このような実状もあって、著者は、千葉県の湖沼で実施されている浄化法や河川および排水路で設置されている種々さまざまな水質浄化施設を紹介するとともに、それぞれにおける維持管理と費用、浄化効果、さらには問題と課題を現地での聞き取り調査などから整理して一冊の本にとりまとめてみた。そして願わくば、本書が実際に即した水質浄化方法の手引書として広く関係者の方々にご活用いただけるならば、幸とするところである。(「まえがき」より)
 
 目 次
第1章 水質汚濁の現状

第2章 水質汚濁の防止対策
   2.1 汚濁発生源対策
   2.2 水質直接浄化対策

第3章 水質浄化対策の現状
   3.1 水質浄化方法と体系
   3.2 水質保全対策と水質浄化
     3.2.1 水質浄化に対する取り組み
     3.2.2 水質浄化施設の設置および整備における補助金制度

第4章 水質浄化方法と実施事例
   4.1 湖沼における水質浄化
     4.1.1 浚渫法
         事例:手賀沼における浚渫
     4.1.2 藻類・水生植物回収法
         事例1:手賀沼におけるアオコ回収
         事例2:印旛沼におけるヒシ刈り取り
     4.1.3 水生植物の植栽・回収法
         事例:手賀沼におけるホテイアオイの植栽・回収
   4.2 河川における水質浄化法
     4.2.1 礫間接触酸化浄化法
         事例:大堀川における礫間接触浄化施設
     4.2.2 礫間接触酸化浄化法と土壌浸透浄化法の組み合わせ法
         事例:桑納川における礫間接触酸化浄化法と土壌浸透浄化の併用浄化施設
   4.3 排水路における水質浄化
     4.3.1 直接浄化方式による接触ろ材充填浄化法
       4.3.1.1 芝状ろ材充填浄化施設
         事例1:Y市須久茂都市下水路浄化施設
         事例2:S町阿部沼落とし堀水路浄化施設
       4.3.1.2 波形平行板ろ材充填浄化施設
         事例:K市松ヶ崎都市排水路浄化施設
       4.3.1.3 マット状ろ材充填浄化施設
         事例:N市駒木台都市排水路浄化施設
       4.3.1.4 木炭充填浄化施設
         事例:S町大井一般排水路浄化施設
       4.3.1.5 礫充填浄化施設
         事例1:T市八幡都市排水路浄化施設
         事例2:A市我湖排水路浄化施設
     4.3.2 直接浄化方式による移設式沈殿槽設置浄化法
         事例:A市宿幹線都市排水路浄化施設
     4.3.3 分離浄化方式による休耕田利用の接触ろ材充填浄化法
         事例:Y市第一都市排水路浄化施設
     4.3.4 分離浄化方式による接触ばっ気浄化法
       4.3.4.1 流動床式接触ばっ気浄化施設
         事例1:Y市大清水都市排水路浄化施設
         事例2:C市高津戸排水路浄化施設
       4.3.4.2 固定床式接触ばっ気浄化施設
         事例1:T市相浜排水路浄化施設
         事例2:A市高野山第一排水路浄化施設
     4.3.5 分離浄化方式によるばっ気付き礫間接触酸化浄化法
         事例:M市小山雨水幹線排水路浄化施設

第5章 まとめにかえて


関連書『水質浄化マニュアル』『命の水を守る
理工学(安全・環境)のページへ
トップページ
弊社へ直接ご注文の場合はこちらから