総務のための
コンピュータ&ネットワーク
導入マニュアル


菅野 勇紀
(イラスト:ムライ ユキ
A5・160頁・定価(本体1,800円+税)
ISBN4-303-71630-8
初版2000年8月発行


amazonの紹介ページへ セブンネットショッピングの紹介ページへ bk1の紹介ページへ

 概 要
あなたはコンピュータ技術の専門家ではない。
そうであってはならない。
そうなろうとしてもいけない。
あなたはただ、コンピュータ「導入」についてだけ、
専門家であればいい。


本書で解説するのは、「コンピュータの導入」に関する最も簡単で最も確実な方法であり、またそれでしかない。だから、いまはやりの最新技術に関する詳細な解説などはしないし、場合によっては「手を出すべきではない」とまで言い出すかもしれない。もちろん、コンピュータの導入に際して多少は理解していなければならない知識はあり、必要最小限度で解説していくが、それについては本書以上に詳しい書籍がいくらでもある。

そのかわり本書が提供するのは、世界で最も簡便かつ確実に、小規模の機器購買から大規模ネットワークの導入までを可能とするテクニックだ。これは大げさな表現ではない。本書で解説するのは、具体的なあるプロジェクトの構築手順ではない。コンピュータ導入ということに対する捉えかた、考えかただ。(「0章」より)
 
 目 次
0章 コンピュータは好きじゃない

1章 コンピュータ導入「プロジェクト」とは
     1-1 なぜあなたがプロジェクトを管理することになるのか
     1-2 あなたは車のエンジンを自分で直しているか?
     1-3 最大の武器「総務力」
     1-4 ただの「購買」で終わらないわけ
     1-5 総務的「情報処理」の方法

2章 プロジェクト管理者、その立場と気持ちは...?
     2-1 技術者への接しかた
     2-2  「マニア」と「専門家」の見分けかた
     2-3 プロジェクトへのユーザの参加
     2-4 運用管理者と機器管理者

3章 実施概要の策定
     3-1 完成時のイメージをつかむ
     3-2 わがままを許さない
     3-3 あなたはどこを走っている?
     3-4 ゴールは自分で作れ

4章 受け入れ環境の整備
     4-1 ユーザを敵にするか、味方にするか
     4-2  「自律分散」を意識する

5章 プロジェクト設計はあなたの仕事
     5-1 概要設計
     5-2 詳細設計

6章 業者とのかかわりかた
     6-1 業者にも選択されていることを忘れるな
     6-2 あなたの常識は、本当に常識か

7章 いざ発注!
     7-1 「要求仕様書」による調達とは
     7-2 条件の把握
     7-3 要求仕様書の記載例
     7-4 買うべき機械がない?
     7-5 納品までになすべきこと

8章 納品・展開という戦争
     8-1 搬入作業をなめてはいけない
     8-2 ユーザの手に届けるまで
     8-3 トラブルのない展開はない
     8-4 確認作業、供用開始

9章 プロジェクト展開後
     9-1 役に立たないコンピュータ?
     9-2 クレームにはこう対処する
     9-3 記念写真は要らないけれど

10章 未来は誰も創ってくれない
     10-1 仕事は楽にならない
     10-2 さあ,次へ

想定問答集


情報(ネットワーク)のページへ
トップページ
弊社へ直接ご注文の場合はこちらから