基本航海法規【新訂15版】


福井 淡 原著・淺木健司 改訂
A5・376頁・定価(本体3,800円+税)
ISBN978-4-303-23710-3
初版1967年6月発行/新訂初版1983年12月発行/新訂15版2012年10月発行


amazonの紹介ページへ

 概 要
本書は、「航海法規」といわれている次に掲げる法令について、大事な全条文(法律)を逐条的に掲げて分かりやすく要点を説明し、この1冊で間に合うようにコンパクトに仕上げたものです。

(1) 海上衝突予防法及びこれに基づく命令
(2) 海上交通安全法及びこれに基づく命令
(3) 港則法及びこれに基づく命令

本書は、主として三級・四級・五級・六級・船橋当直三級の各海技士(航海)の免許を受けようと志す方を対象として、海技士国家試験(海技試験)の「法規に関する科目」に基づいて述べてあります。

基本的な事項を網羅しているので、これらの方だけでなく、実務に携わる方やその他航海法規に関する基本的な知識を得ようとされる方にも利便だと思っております。

前の版以降、関係法令に改正がありました。この度の改訂においては、その改正に即応した新しい内容に書き改めました。

更に、最近の海技試験問題(法改正等に伴う新しい練習問題を含む。)を豊富に収め、ヒントを見れば正解が分かるようにしてあります。

なお、「法規に関する科目」のうち、「航海法規」以外の「海事法規」(船員法、船舶職員及び小型船舶操縦者法、海難審判法、船舶法、船舶のトン数の測度に関する法律、船舶安全法、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律、検疫法、水先法、関税法、海商法、国際公法)については、本書の姉妹書である『基本海事法規』にまとめてあります。 最後に、本書が「航海法規」を勉学するのに役立ち、海技試験(筆記・口述)の受験対策及び船舶の安全運航の一助となるならば、著者の喜びこれに過ぎるものはありません。(「はしがき」より)
 
 目 次
第1編 海上衝突予防法
     第1章 総 則
     第2章 航 法
     第3章 灯火及び形象物
     第4章 音響信号及び発光信号
     第5章 補 則
     海技試験問題

第2編 海上交通安全法
     第1章 総 則
     第2章 交通方法
     第3章 危険の防止
     第4章 雑 則
     第5章 罰 則
     海技試験問題

第3編 港則法
     第1章 総 則
     第2章 入出港及び停泊
     第3章 航路及び航法
     第4章 危険物
     第5章 水路の保全
     第6章 灯火等
     第7章 雑 則
     第8章 罰 則
     港則法施行規則(各則)
     海技試験問題


海事(法令)のページへ
トップページ
弊社へ直接ご注文の場合はこちらから