Moodleを使って授業する!
なるほど簡単マニュアル


濱岡美郎(広島国際大学国際交流センター教授)著
B5・160頁・定価(本体2,200円+税)
ISBN978-4-303-73479-4
初版2008年9月/第2版2009年2月発行


amazonの紹介ページへ セブンネットショッピングの紹介ページへ

 概 要
オープンソースのeラーニングシステムであるMoodleを使って授業を運営する際に、必要とされるノウハウや問題解決の方法を、スクリーンショットを多用してわかりやすく解説。コース作成、授業ページ設定、評価など、Moodleの機能をいかに生かして授業運営を行うか、ヒントを多数取り上げます。さらに、問題作成などが容易にできる筆者の開発したExcelとWordの補助ツールを公開。実例は英語の授業を取り上げて解説していますが、他の教科でも広く応用可能です。
 
 目 次
はじめに
e-learning実況中継

第1章 e-learningとMoodle
     1.1 e-learningシステム
     1.2 様々なe-learningシステム
     1.3 Moodleとは
     1.4 Moodleの欠点
     1.5 欠点の克服

第2章 授業の型と利用法
     2.1 授業の分類
     2.2 Moodleの様々な機能と設定方法
        2.2.1 リソース
        2.2.2 活動モジュール

第3章 運営の要件
     3.1 学内LAN
     3.2 Moodle
     3.3 データサーバ
     3.4 Excel & Word
     3.5 その他の教育資源
     3.6 その他の機器及びソフトウェア

第4章 運用を始めるにあたって
     4.1 ヘルプの見方
     4.2 共通のアイコン
     4.3 作業上の注意
     4.4 Moodle以外のソフトウェア・機器の操作

学期開始前準備 実況中継

第5章 コース設定の流れ
     5.1 アカウントの取得
     5.2 コースの作り方
        5.2.1 コースカテゴリ
        5.2.2 コースフォーマット
        5.2.3 学生の登録
        5.2.4 コースページの表紙
     5.3 授業ページの設定
     5.4 コース管理
        5.4.1 コースの再利用・インポート
        5.4.2 Wordによる保存

授業前準備 実況中継

第6章 授業ページ設定の流れ
     6.1 教材のデジタル化
     6.2 問題作成
        6.2.1 問題の種類と整理
        6.2.2 問題作成の三段階
        6.2.3 問題エディタを使って問題を作る
        6.2.4 GIFT形式で問題を作る
        6.2.5 Excel,Wordなどを使って作る
        6.2.6 問題原稿を作るテキストエディタ
        6.2.7 Excel,Wordのファイルリスト
     6.3 問題の設定
        6.3.1 Question bankに登録する
        6.3.2 授業ページに登録する
     6.4 問題管理
     6.5 リソースの作成・設定

中間・期末テスト評価 実況中継

第7章 評価
     7.1 評価の流れ
     7.2 テスト問題設定
     7.3 成績管理,評価にMoodleを使わない場合
     7.4 出席管理
     7.5 成績管理をすべてMoodleで行う場合
     7.6 授業評価

第8章 授業での使用法
     8.1 コンピュータ利用授業への導入教育
     8.2 Listening
     8.3 Writing
     8.4 Speaking
     8.5 その他の教科

付録 小テストが終わっても採点結果がでない場合の対処法
終わりに
索引


関連書
   Moodle 2 ガイドブック Moodle入門 Moodle活用法―語学の授業に生かす Maharaでつくるeポートフォリオ入門 遠隔教育
情報(教育)のページへ
トップページ
弊社へ直接ご注文の場合はこちらから